いろのこと

前の記事 次の記事

藍の生葉染2017

2017年7月21日 12:10  草花の色 

今年も無事に綺麗な生葉染めが出来ました。


昔はベランダのプランターで栽培していた藍も、昨年は君津の工房で、今年は畑を借りての生葉染です。

新倉ふるさと民家園の畑をお借りして、沢山の元気な藍が育ちました。

伝統色彩士協会の講師の板垣と保科、それから民家園のスタッフの方々にお手伝い頂いて、刈り取り、ミキサー粉砕、ガーゼで漉し染色します。




同じ青でも、自然の色は透明感があって、吸い込まれそうになります。

その分、合成の色には奥行きがなく平坦にみえてしまいます。

生きている色にはかなわないのだと、毎年思うのです。



むらなく、綺麗に染めるには、沢山の藍の生葉と沢山のお水が必要です。

こういう恵まれた環境で染めれることに感謝ですね。



皆さんに絞り方のご指導をさせて頂き、インド藍でも染めました。

布草履用の生地を染めたりもしたので、あっという間に染料がなくなりました(笑)

次回はその生地で布草履に挑戦ですね!!



 私が講師を務めます染色体験は8月26日土曜日になります。
 

ただこちらは和光市にお住いの方のみの受付になります。



前の記事 
都会に映える色

いろのことTOP
 次の記事
日々徒然
ページトップへ