お知らせ

前の記事 次の記事

お茶の稽古と新規会員募集のお知らせ

2016年12月6日 12:45  

お茶の稽古の中で炭点前が一番好きです。

日常で友人に気軽にお茶を点てることはありますが、茶室があるわけではないので、本格的に炭を使うことは出来ません。

毎回お炭を使っての稽古は千駄木教室ならではの贅沢な時間です。




ひんやりとした稽古場に、釜の湯気が一気に立ち上がると、心がふわっと温かくなります。

湯気の中で香りのよい抹茶を練っていると鼻を通り、脳の中に入りなんとも良い気持ちになります。


嗅覚の刺激は大切です。


毎日携帯などの画面を見て、視覚はかなり劣悪な環境の中にさらされている私達ですが、

せめて嗅覚や味覚などは贅沢でなくとも、正しいものに触れていたいです。


いつもは紬での稽古が多いのですが、きものは偏ることなく着てあげないと長持ちしないので、

やわらかものも時々・・・。

帯は軽く締めやすいものが大事です。

稽古の時に、帯周りが落ち着かないと点前に集中できないのです。

なにげなく買った安い帯がとても便利で、満を持して買った帯が締めにくくて人様にあげていまうという事が

意外に多いのです(泣)


帯は人間と同じで、何回か締めてみなければ相性が良いかどうかわかりません。

見た目だけの判断ではつきにくいです。



さて、今年も残すところあとわずかとなりましたが、私の所属する「両忘会」では新しい生徒さんをお待ちしております。

来年から一緒にお稽古してくださる方がいらしたら、嬉しく思います。

恵比寿教室はいっぱいなので、できれば千駄木教室でご一緒してくださる方を・・・。


もしほんの少しでもご興味ございましたら、メールでご連絡くださいませ。

他流をやられていた方でも、しばらくブランクがある方でも、全くの初心者の方でも・・・。

お着物が着れなくても、お洋服で大丈夫です。

着付けの先生も多いのでレッスンいたします。

正座が出来なくても大丈夫です・・・・・社中は皆、よく足がしびれてます(笑)

大事なのは、ご一緒の時間を共有するという事ですので、お気軽にお仲間になっていただければと思います。

yukino@traditional-colorist.org


両忘会の詳細は、TOPページの下にある両忘会をクリックしていただければご覧になれます。

ariyosit@me.com


前の記事 
幻の黄八丈を大切に着てくださる方の手元へ

お知らせTOP
 次の記事
ハレとケとクリスマスイベント
ページトップへ