キモノのこと

前の記事 次の記事

モモンガコート

2018年1月14日 12:10  

生徒さん達に、今年はまだモモンガコートを着ないのですか?と聞かれたので、そろそろかな・・・と思い着用。温かいです。


ここのところの冷え込みはつらいので、道行でなくコートに。

まあこれ以上寒くなったら、襦袢の背中にうすく真綿を縫いつけるという奥の手があります。

(色々な方に聞かれましたのでまた詳しくお伝えします)



背の低い私は、きもののバッグも抱えの方がバランスよいので、最近帯地で作ったクラッチを持つようになりました。

京都上七軒のあだちさんの綴れの財布は薄くて、帯にも挟め小銭入れもついている優れものです。

着物のときのお財布は、出来ればお太鼓の後ろや帯にちょっと挟める方が何かと便利です。


かんざしは、白洲正子さんのお孫さんの白洲千代子さんの作です。

昨年購入したのですが、ブログで紹介するね!!と言っていて、ずいぶん経ってしまいました・・・(汗)







前の記事 
お茶ときものと

キモノのことTOP
 次の記事
浦野理一と郡上紬そして手織りの腰紐
ページトップへ