キモノのこと

前の記事 次の記事

東京国立博物館「茶の湯」プレオープン

2017年4月10日 22:06  

今日は東博「茶の湯」の開会式・特別内覧会・レセプションに行ってきました。


今日の着物は最近出番の多い無地の結城紬です。

グレージュは、大好きな色。

帯あわせもしやすく、現代の街にも溶け込みやすい色です。

お茶の稽古にもよく着ています。


今日の特別内覧会には各流派のお家元もいらしていて、開会式のテープカットはとても華やかでした。



図録を頂きましたので、家でじっくりと眺めています。

私は色の授業や仕事で「青磁色」というものをよく使いますが、国宝「青磁下蕪花入」の青磁には驚きました。

今までこんなに美しい色を見たことがありません。


色が目の前にあるのに、透き通って色がないようにも見えるのです。

とても不思議・・・。

ことばに表現できない色ってあるのですね。



20日は武者小路千家東京道場の日ですので、「両忘会」として運びの手伝いに入ります。

見かけましたら、お声がけしてください♪


お土産で一番のお勧めは、落雁が入ってるHIGASHIYAさんの黒棗。

今回の青磁の輪花茶碗に合わせて作られた道明の青磁色の帯締め♫


綺麗な色でとてもお勧めです!


会期中には何度か行きたいと思っています。

次回はもっとゆっくり時間をかけてまわりたいと思います。


前の記事 
重要無形文化財指定・本場久米島紬

キモノのことTOP
 次の記事
キモノスタイルの変化とこれから
ページトップへ