キモノのこと

前の記事 次の記事

格好良い大人とは

2018年3月29日 21:28  

私にとってっ格好良い大人とは、落ち着きがあり、穏やかである事。年齢を重ねた自信と知識を魅力にして生きていける人ではないかと思っております。


抜けていく知識を悲しむのではなく、次々と補っていく努力を惜しまぬように日々葛藤しております。

沢山の知識からくる少しばかりの自信は加齢のへの怖さを緩和してくれる大切なものでございます。



昨日は武者小路千家の道名授与式に参列致しました。

お家元から賜りました名前は「守雪」でございます。

着物を生業とするうえで、お茶の世界も一通り理解しておかねばならないと思っておりましたが、道名まで頂けるとは思っておりませんでした。

武者小路千家では教授を取得しましてから更に修業を積んでから頂くのが道名でございます。

お家元より直接手渡されますので、大変な称号でございます。



両忘会の有吉先生にご同行頂きまして、社中の鈴木恵子さんと一緒に出席させていただきました。



午前中に利休忌に出席いたしまして、お昼は大徳寺一久にて精進料理を頂きました。

今回のお祝いにお赤飯を炊いていただいたようで、お心使い本当に嬉しく思いました。


今回道名を頂きまして私の中で一区切りがついたように思います。

あとは頂いた教授と道名に恥じぬよう、じっくりのんびり時間をかけて稽古に励んでまいろうと思っております。

当日の様子は有吉先生が詳しくブログにお書きになっていらっしゃいますので、良かったらご覧くださいませ。

http://ryoumoukai.gger.jp/archives/1070294158.html



最後まで悩みに悩んだ帯締めは、道明の亀甲組に致しました。

2018春夏号のきものSalonで檀れいさんが締めていらっしゃいます。雑誌でも気になっておりました色でした。

青藍と鶸緑の段染めでございます。



さて、私は次に向かって腰を上げねばなりません。


1年間休ませていただいております伝統色彩士協会の集中レッスンクラスですが、皆様からお問い合わせ頂くのですが、お返事も行き届かぬ方もいらっしゃるかと思います。

この場をお借りいたしまして深くお詫び申しあげます。

走り続けて10期まで育ててまいりましたが、来期からは更に深く色を学んでいただけるようカリキュラムを組んでまいりますのでもう少々お待ちくださいませ。


4月には銀座松屋にて「七緒」イベント和トセトラ2018に出演致しますので、皆様にお会いできるかと思います。

初日の11日の16時からになりますので、お時間ありましたら是非お越しくださいませ。

https://www.president.co.jp/nanaoh/article/event/2283/



ヘアは久しぶりの市田ひろみ美容室にお願いいたしました。

流石、毛たぼ一切なしですき毛だけでこのボリュームです。

スプレーも最小限。

帰宅しまして髪を解きましたら、使用しておりましたピンはたったこれだけでございました。



美容師さんというより、職人さんの腕前ですね(笑)


前の記事 
官休庵と龍村平蔵・南部畳表の7段

キモノのことTOP
 次の記事
演ずることができる女性は美しい
ページトップへ