くらしのこと

前の記事

美人の条件の変化

2020年5月18日 10:54  




胃が重いと研究や勉強に集中できないので朝と夜は粥にしています。

また茶室の庭を見ながら静かに瞑想する時間を大切にして精神バランスをとっています。

庭を見ながらゆったりと呼吸をすると頭がクリアになり勉強も捗ります。


これからは物を手に入れて満足することより、自分の手で何かを生み出せるような生活に変えていきたいと思っています。

今回、マスクやトイレットペーパー、小麦粉やパスタなど、棚から一斉になくなる状況を見ていますと、購入の仕方にその人の品格が現れたように思いました。

自粛生活も過ごし方一つでこれからの人生にプラスとなるかマイナスとなるかを見極めていかねばと思います。

だらだらと過ごす、欲のままに購入するという姿は美しくはありません。


SNSや動画なども沢山の方がやられているだけに質が求められます。

自分の全てがさらけ出てしまう動画が果たしてプラスに行くかマイナスに行くか、よく考えてみる必要もあります。


「秘すれば花」という世阿弥の言葉にもあるように、女性はあまり全部を出さない方が美しいと思っています。


今は無理をせず、日々のメンテナンスに気を配り、思った以上に大きなダメージを受けている自分の心を癒す事。

情報もあまり取り入れずに、自然と向き合う時間を増やして下さい。

頭痛や肩こりなど上半身が硬くなって緊張している人は、イライラしがちです。

心をしっかりコントロールする事が大事だと思っています。


また緊急事態宣言が解除になっても、次の冬を迎える頃にどうなるかは予測がつきません。

どんな時も健康で免疫を高めていられるようにしなければなりません。


美しくいることは健康であることの上に成り立つので、まずは体のメンテナンス、それから心のメンテナンス、そして美容の順となります。


若い時は外側だけを美しく飾ってごまかせますが、40代に入りますと体の状態がそのまま顔に出てきます。

50代になればもっとリアルに出ます。


年齢を経て一番美しいことは、幸福感のある顔であるかということです。

満たされていない事に神経を尖らせていると、険しい顔になり、いくら作りが美しくとも魅力的には見えません。

SNSに投稿するときだけにっこりと笑顔を作っても、普段の生活で不満やトゲのある考え方をしている人は、笑顔の向こうにぎこちなさが出ます。

男性は意外と気がつきませんが、女性は敏感に察します。


白雪姫の継母も、源氏物語の六条御息所も、本当は絶世の美女であるのですが、心の尖が顔に出て凶相になるのです。


心の顔は正直なので化粧では誤魔化せません。


痩せている、太っているという事もあまり関係なく、安定した穏かな表情が人に安らぎを与えることのできる美人の条件だと思います。

コロナの後に何かが変わると言えば、美人の条件ではないでしょうか。


そして和のパーソナルカラーでも、人を癒せる優しい色や、草木の色を身につけて欲しいと思っています。


健康であり、出しゃばらず、他者に思いやりを持てる大人の女性が一番美しいのです。



今日ご紹介する映像は、最近一番素敵だったと思う動画です。

もし私が動画を作るならこんな風にという思いが詰まっていて、何度でも見たくなる映像です。

美しいアングル、絶妙の音声、感性に響くシーンごとの編集の仕方。

言葉も文字もなく、カメラが捉えたその場の空気で見る人に語りかける手法です。


https://youtu.be/I6AwwowdgSc


仲良くさせていただいている、広田千悦子さん(歳時記研究家・文筆家)写真家の広田行正さんの動画です。

コロナでなかなか外出もままならないからこそ、このように心静かになる映像を見ることが良ことだと思います。

4月5月と2回配信していますので、皆様も是非ご覧ください。



月待ちの会 北鎌倉 円覚寺

また広田さんと一緒にお月様を見れる日が来るといいなと思っています。













前の記事 
コロナで変化した考え方

くらしのことTOP
ページトップへ