キモノのこと

前の記事

大人の木綿着物

2020年10月13日 21:35  木綿


肩ひじ張らず、どこか抜けたふわっとした大人の女性に憧れます。

余裕があって、優しくて、清潔感があって。

学生の頃は大きめのシャツをダボっと羽織って着崩すユニセックスなスタイルが好きでした。

着物も、ビシッと決めるより、ちょっとリラックスして着ている方が私らしいし女らしい。

昔の本を読むと、半襟がシワなくビシッとしていると怖い(笑)らしいです。

実は半襟のシワ感が女らしさをかもし出すようです。

空気を含んだ襟元が良いようですが・・・・。


ここ数年の、こうあらねばならないという決めつけは、茶道教授だからと気負っていたせいかも知れません。

中学から茶道を始め、いつかはと渇望した資格にむしろ縛られてしまっていて、大した人間ではないのに大きく見せようと思ってしまったのかも。

お香を学んだり、精進料理を学んだり、通り過ぎた道は無駄ではありませんでしたが、今が一番私らしいと思っています。

人は変わるもの。

変わらないもの?

色々考えましたが、岡山のお寺の住職に聞いてみたら、以前と変わっているそうです。私は(笑)

格好つけていない今が本来の姿です。

このブログもいつかは卒業です。

でも私が過ごしてきた過程としてしばらくは残しておきたいと思っています。


私は変わる方が好きです。

いつまでも同じではなく、時代とともに変化していくことが生きていくことだと思っています。


エドシカル✖️MENYA.fabric

大人の更紗を黒の薄羽織で。

シフォンの様な柔らかい透け感は木綿とは思えない質感の羽織です。

着物なのにヨーロッパのエレガントな雰囲気も出せるスタイリングです。

更紗木綿は、少しだけ収縮性がある為動きやすく、体に沿うので着崩れなし。


帯は墨染。

帯揚げは「エドシカル江戸の色」から枡花色。

帯締めは2色組み合わせで、シルバーを効かせました。

着物、羽織、帯、全て木綿です。

ご自宅で洗える天然素材です。

着物は2万円〜 羽織は3万円〜

高いものを着るマダムでもなく、チープなもので済ます若い子でもなく、普通のオトナ女子が使える値段をいつも考えてます。

試着だけでもお気軽にどうぞ!!

イベントは18日の裏参道ガーデンにて。

あなただけの色で作るパーソナルカラー草履もオススメです!


当日は私が色の相談承ります!!



前の記事 
コロナ時代を生き抜くために

キモノのことTOP
ページトップへ